MENU

あらすじ

人の負の感情にとりつき、その感情を増殖させる『(はく)
実体はなく、精神を破壊するその存在は魔と呼ぶにふさわしかった。
魄にとりつかれた者は、感情を表す言葉を食われていき次第にその身を滅ぼしていった。
対して、その魔を浄化させる力を『(おぼろ)』と呼び、石を媒体として朧を操る人を『字守(あざなかみ)』と呼んだ。

字守によって救われる人々。
しかし、人あらざるものの力──朧を使うことの代償は、同じく感情であった。
字守と魄。
相対する二つの力が、今ぶつかる──

一部に暴力的・残虐的なシーンや性的な描写が含まれています

第1話 謎の招待状

01.上等だ。のっかってやるよ。|晟
02.「これでおじさまを食べちゃうよ?」|智孝
03.不安なのかもね|有羽
04.それは呪文のように感覚を麻痺させる|晟
05.飛行機ごっこ|智孝
06.泣いてる場合じゃない。何とかしなきゃ。|有羽

第2話 魄と朧と鬼と人形(リーズ)

07.嘘だろ?|晟
08.これは俺達内部の人間がやったことに違いない|智孝
09.ナンパじゃないよ|聖
10.寿命が短くなるって、マジ?|晟
11.賭け|智孝
12.ですよね? 先生|聖

第3話 鬼が消えた日

13.勝利の女神は必要でしょ|有羽
14.なんというか、出来過ぎてるね|智孝
15.「ねえ、俺たちハメられたんじゃない?」|牙白(ガラ)
16.この人は一体何を言ってるの?|有羽
17.「流天か?」|智孝
18.自らの意志でそうなるのと、強制的にそうなるのとでは全然違うんだ|牙白(ガラ)

if-ANOTHER STORY-

Len*Ren

お友達の作家さん(桜左近先生)が、現代の学生という設定でストーリーを書いてくれました!
私も橘右近として書いています。
どうぞ、お楽しみください^^

・・・15歳以上推奨作品
■・・・全年齢対象作品(新作順)